足のデオドラントジェル口コミレビュー!!気になる効果はいかに!?

足のデオドラントジェル口コミレビュー!!気になる効果はいかに!?

どうも、足臭コンシェルジュです。

 

今回は、スリムウォークの足のデオドラントジェルを試してみたいと思います。

 

まずは、商品の特長についてまとめてみます。

 

1.ロールオンタイプだから手に汚れが付かない!!
2.フレッシュソープの香りでさわかな!!
3.ヘッドが小さいので足指の間でも塗りやすい!!

 

 

足の臭い対策グッズの中でも一番多いのが直タイプのデオドラント系の商品ですね。

 

ドラッグストアなどのお店でも良く見かけたりするのがクリームやジェル、スプレーといったタイプの商品ではないでしょうか!?

 

使い勝手が良くて、値段もお手頃なものが多いので一番利用しやすいですよね。

 

私も以前まではこのタイプを使っていましたが、毎日塗りなおしたりする必要があったり、時間と共に効果が薄れてしまう事があるので、今は使っていないんですよね…。

 

もちろん、足の臭い対策をやっていないわけではないのですが、使っている商品をデオドラント系からインソールに変えただけなんですよね。

 

インソールに変えてから塗りなおしたりすることが無くなりましたし、足の消臭効果も満足出来ているので嬉しいですね!!

 

<足のデオドラントジェル amazon>

<足のデオドラントジェル 楽天>

 

amazonと楽天での口コミを調べてみると、石けんの爽やかな香りが良い、ロールオンタイプタイプなので使いやすい、べたついたりしないし乾きやすいといった高評価な商品ですね。

 

ただ、どんな商品でも全ての人の体質に合う商品ってなかなか無いと思うんですよね。

 

足の臭いの強さもそうですし、体質だってそうですし、足の臭いの原因だって違うかもしれないので、実際に使ってみない事には分からないと思うんですよね。

 

ロールオンタイプってあんまり試したことがないので、少し不安なところもありますが、試してみたいと思います。

 

足のデオドラントジェルと菌ピタ君を比較してみたら!?

 

確かにロールオンタイプなので使いやすいですし、べたついたりしないのが良いですね。

 

その点は口コミと同じように実感出来ましたよ。

 

ただ、消臭効果はどうかといえば、正直あんまり実感が出来なかったです…。

 

足汗の量も少なくなったと実感はしているのですが、足の臭いが全く無くなったかといえばそうでは無いように感じています。

 

もちろん、足のデオドラントジェルを使う前と比べれば全然効果が無いわけでは無いのですが、完全に足が消臭出来ているかどうかという観点から言えば、7割ぐらい抑えられている感覚はあります。

 

足のデオドラントジェルのロールオンタイプの使いやすさと足の消臭効果と価格を総合的に考えるとコスパ的にも良いと思いますよ。

 

ですが、私なら少し値段が高くても菌ピタ君を選ぶと思います。

 

確かに市販のインソールと比較すると高いと感じると思いますが、消臭効果も半永久的に続くわけですし、ローテーションさせて使う事でより長く使うことが出来るので1日当たりの金額に換算するとそれほど高くないんですよね!!

 

それに、今なら期間限定のキャンペーン実施中なので今がお買い得なんですよ^^

 

 

 



関連ページ

菌ピタ君
ノーノースメル
強力消臭靴下リンマー
フットクリア
ギャッツビーシールドフットデオドラントジェル
資生堂フェルゼアフットクリーム
デオナチュレ足指さらさらクリーム(シービックデオドラントフットクリームFb)
男デオナチュレ足指さらさらクリーム(シービックデオドラントフットクリームM)
シービックデオナチュレソフトストーン足指
エイト・フォー(8×4)フットスプレーR
資生堂エージーデオ24(AgDEO24)フットスプレーh
ドクター・ショール フレッシュフィート フットスプレー
久光製薬ブテナロック 足洗いソープ
ドクターショール(Dr.scholl) デオアクティブ デオドラントフットクリーム
ドクター・ショール(Dr.scholl) 消臭・抗菌靴スプレー
リフレア 瞬間足汗さらさらショット
ギャッツビースポットデオドラントフットジェル
足サラ
ティノンの噂の口コミを検証|効果的な使い方と2つの注意点とは?
ゼデーナの口コミ・効果を検証|まるまる1週間使って分かった真相!
シンプリティ靴用フレッシュデオスプレーを使ってみた口コミレビュー
フマキラーシューズの気持ち口コミレビュー!実際使ってみた効果は?
柿渋薬用足のシャワーガン口コミレビュー!気になる効果はいかに!?
シンプリティくつ下&タイツ用消臭ミストを使ってみた口コミレビュー